東京・名古屋・京都ベジタリアングルメフェスティバル『ビーガングルメ祭り』公式情報サイト

「2016」受賞者

cropped-AWARDバナー13.png

第1回日本ベジタリアン・アワード、受賞者発表!!
余語さん司会

日本全国から、ジャンルを問わず選りすぐられたベジな活躍者77名のノミネーター、
(ノミネーター 一覧はこちらhttp://vegefes.com/vegetarianaward/awardnews/ )

その中から「第1回日本ベジタリアン・アワード」の受賞者に輝いたのはこちらの皆様!

 

《日本ベジタリアン・アワード 大賞!》

鶴田静
【大賞:鶴田静(つるたしずか) 】
菜食文化研究家。わが国でのべジタリアニズム啓発のパイオニアで、『ベジタリアンの文化史』(中公文庫)、『宮澤賢治の菜食思想』(晶文社)など多数の著作があり、ベジタリアン協会や学会主催のイベントで基調講演を行っている。日本文藝家協会会員、日本ペンクラブ会員。
鶴田静

 

 

《日本ベジタリアン・アワード ヴィーガン賞》

大谷ゆみこ
【ヴィーガン賞:大谷ゆみこ(おおたにゆみこ) 】
未来食つぶつぶ創始者。雑穀が主役の日本の伝統の食の技を駆使したヴィーガン・ベジタリアン食スタイルを開発し「未来食つぶつぶ」として提案している。『ごはんの力』(Kindle版)など著書多数。女性初の日本ベジタリアン学会認定マイスター、日本ベジタリアン学会理事。
大谷ゆみこ

 

《日本ベジタリアン・アワード 料理家賞》

中島デコ
【料理家賞:中島デコ(なかじまでこ) 】
料理研究家。マクロビオティック料理の第一人者で多くの公演・著書を通じてマクロビオティック普及活動に貢献している。現在は千葉県で玄米菜食を中心の自然と繋がった生き方を実践できる「ブラウンズフィールド」を運営している。
デコ

 

《日本ベジタリアン・アワード 医学賞》

土田満
【医学賞:土田満(つちだみつる) 】
愛知みずほ大学大学院教授、医学博士。医学・栄養学研究・講演・出版等を通じてベジタリアニズムの啓発に尽力している。わが国の菜食に大きな影響を与えた『Vege-dining ベジ・ダイニング』(モーリスCo.)の日本語解説を行う。日本ベジタリアン学会功労賞受賞、日本ベジタリアン学会理事。
土田滿

 

《日本ベジタリアン・アワード ミートフリーマンデー賞》

小野篤人
【ミートフリーマンデー賞:小野篤人(おのあつと) 】
(株)染野屋代表取締役社長。“Soybeans save the Wowld”を掲げ、ミートフリー・マンデー活動を展開している。ベジタリアン協会主催イベントや日本豆腐サミットなどで菜食による環境保全や飢餓救済などを講演している。注目のベンチャートップ8人に選出(『ベンチャー通信』)。日本ベジタリアン協会評議員。
小野

 

《日本ベジタリアン・アワード アニマルライツ賞》

岡田千尋
【アニマルライツ賞:岡田千尋(おかだちひろ) 】
アニマルライツセンターで調査、広報、戦略などを担い、2003年から代表理事。これまでに日本の毛皮消費量を半減させ、フォアグラ消費量を32%減少させた。畜産や毛皮、環境問題の講演や、ビーガン推進サイトHachidoryの運営も行っている。
岡田千尋遠

 

《日本ベジタリアン・アワード ジャーナリスト賞》

淡路和子
【ジャーナリスト賞:淡路和子(あわじかずこ) 】
ジャーナリスト。『MUSICLIFE』ポールマッカートニー2015年来日公演完全レポート号を共同編集し、「ベジタリアンの音楽」の章を取材執筆。ミートフリーマンデーの啓発をメディアを通じて行っている。
淡路和子

 

《日本ベジタリアン・アワード 市民活動賞》

望月佑佳
【市民活動賞:望月祐佳(もちづきゆか) 】
野菜食育団体MeanlinkGroup総代表。“ベジタリアン食を切り口に、食について考えるきっかけを作る”という理念を掲げた学生&社会人によるMeanlinkは設立して今年で7年目を迎える。個人としても企業やNPOを通し、幅広く飲食を絡めた心身の健康提案をしている。
もちゆか受賞

 

《日本ベジタリアン・アワード 企業賞》

不二製油
【企業賞:不二製油株式会社(ふじせいゆかぶしきかいしゃ) 】
わが国最大の製油および大豆タンパクメーカー。世界に先駆けて生クリームなど乳製品に代わる、ヴィーガン対応の豆乳クリームを開発し、「ものつくり日本大賞・経済産業大臣賞』を受賞した。学術研究だけでなくベジタリアン市民活動を支援している。
不二製油

 

《日本ベジタリアン・アワード 企業賞》

CHIOCE
【企業賞:CHOICE(ちょいす) 】
京都のビーガンカフェ。生産方法や産地にこだわった食材・調味料を使い、調理方法にもこだわったビーガン、グルテンフリーのメニューを提供している。美容と健康を選択できる場所として、多くの女性から支持されている。中でもビーガンチーズはイベントで即完売となる大人気商品。
awardマーク

 

《日本ベジタリアン・アワード 企業賞》

2
【企業賞:株式会社かるなぁ 】
長年にわたり、ベジタリアンやビーガン食材を販売するとともに、全国的に菜食の講演や料理教室を開催し、ベジタリアニズムの啓発に努めている。市民イベントのサポート、日本ベジタリアン協会の支援、日本ベジタリアン学会等で学術活動も行っている。
かるなぁ

 

《日本ベジタリアン・アワード 企業賞》

中一素食店
【企業賞:中一素食店(なかいちそしょくてん) 】
『医食同源 台湾式菜食レシピ』(河出書房)を出版するなど、台湾素食の第一人者、全国に中一素食店・健福などの台湾ベジタリアン・レストランを展開し、菜食普及。長年にわたり、わが国のベジタリアン活動を支援している。日本ベジタリアン協会評議員。
李

 

以上、12名の個人・企業様が受賞いたしました。
受賞者の皆様、本当におめでとうございます。

日本ベジタリアン・アワードはもちろん来年以降も開催が決定!(2017年2月開催予定)
第2回AWARD

 

来年の2月、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

日本ベジタリアン・アワード審査委員会

 

さて、気になる表彰式+パーティーのレポート(ビーガングルメ祭りVer)はこちら
http://vegefes.com/info/japanvegetarianawardreport001/
アワード記念撮影

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ビーガングルメ祭り情報サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.